【全商品オープニング価格 特別価格】 ▲▽■龍香堂■ 復刻木版浮世絵 渓斎英泉『雲龍打掛の花魁』額装済△▼ その他

¥15,622

(税込) 送料込み

8
8
下記の看板をクリックしてください
▲▽■龍香堂■ 復刻木版浮世絵 渓斎英泉『雲龍打掛の花魁』額装済△▼
商品説明額サイズ:680×330×厚22mm 画寸:510×175mm 重さ:約1100g 技法(種別):木版画 紙質:和紙 
江戸時代銅版画 初代玄々堂松本保居銅版画  真作
江戸後期、当時の庶民から熱烈に愛された浮世絵師「渓斎英泉」。その作「雲龍打掛の花魁」です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。英泉の艶やかな美人画を手摺木版で忠実に復刻した作品です。yo.ys.r 
錦絵 桜田門外の変 森五六郎 紙本
◎こちらは額に入れた状態なので、すぐに飾ることが出来ます。
▲▽■龍香堂■ 復刻木版浮世絵 葛飾北斎『桜に鷹』 即決△▼
※画像5中央は使用した版木と、右は作品の裏面です。版画用染料が裏写りしているのは、印刷ではないことの証しです。
*復刻木版 葛飾北斎『深川万年橋下』額装済
●渓斎英泉(けいさいえいせん):1791年(寛政3年)江戸市中の生まれ。江戸後期の浮世絵師。幼時は狩野白珪斎に学び、やがて菊川英山の門人となる。葛飾北斎とも交流しその画法を学びつつ絵筆を執った。妖艶で儚げ、だがどこか退廃的な美人画を得意とし、多数の浮世絵、草双紙の挿絵、艶本(好色本)、春画を世に送り出した。「南総里見八犬伝」の挿絵、歌川広重とは「木曽街道六十九次」を共作するなど絵師として多岐にわたる分野を手掛け、晩年は文筆業に専念し『続浮世絵類考』など幾種かの著述を残した。
*復刻木版浮世絵 葛飾北斎『東都浅草本願寺』額装済
『雲龍打掛の花魁(うんりゅううちかけのおいらん)』
小判ちりめん錦絵  鳥井四郎左衛門
日本の浮世絵に傾倒していたフィンセント·ファン·ゴッホ(1853-90)は、1886年5月刊行の「パリ·イリュストレ」日本特集号表紙に掲載されていたこの姿を見て、翌年1887年に油彩画『日本趣味:花魁(おいらん)』(画像5左)を描いた。ゴッホと浮世絵との関わりは深く、1887年『タンギー爺さん』の背景にも当花魁を配し(画像6右下)自身の絵として昇華させた。浮世絵を目にしたゴッホは、新たな色彩表現に目覚め、模写をしながら彼なりの「日本」的イメージを紡ぎつつ新しい様式と構成を模索したと言われている。
注意事項☆御取引がスムーズに出来ますよう、御落札後は必ずヤフーから自動配信されます「落札通知」を御確認下さい。最初の御連絡はそちらに代えさせて頂きます。
▲▽■龍香堂■ 復刻木版浮世絵 渓斎英泉『雲龍打掛の花魁』額装済△▼
☆当方のお取り置き期間は原則として「3日以内」とさせて頂いております。3日以内の合算·同梱は可能ですが、それ以上のお取り置きは別発送になります。
発送詳細■当商品の通常発送は日本郵便株式会社の「ゆうパック(120cmサイズ)」とさせて頂きます。(送料は発送先により変わります)
*復刻木版 月岡芳年『熊坂 朧夜月』額飾済(濃)
支払方法
【一勇斎国芳】真作「源頼光公舘土蜘作妖怪図」 天保14 大判錦絵三枚続 伊勢屋仙三郎版 江戸時代物 浮世絵木版画

江戸時代銅版画 初代玄々堂松本保居銅版画  真作

錦絵 桜田門外の変 森五六郎 紙本
こちらの商品案内は 「」 で作成されました。

▲▽■龍香堂■ 復刻木版浮世絵 葛飾北斎『桜に鷹』 即決△▼

*復刻木版 葛飾北斎『深川万年橋下』額装済

*復刻木版浮世絵 葛飾北斎『東都浅草本願寺』額装済

小判ちりめん錦絵  鳥井四郎左衛門

▲▽■龍香堂■ 復刻木版浮世絵 渓斎英泉『雲龍打掛の花魁』額装済△▼

*復刻木版 月岡芳年『熊坂 朧夜月』額飾済(濃)
下記の看板をクリックしてください
▲▽■龍香堂■ 復刻木版浮世絵 渓斎英泉『雲龍打掛の花魁』額装済△▼
商品説明額サイズ:680×330×厚22mm 画寸:510×175mm 重さ:約1100g 技法(種別):木版画 紙質:和紙 江戸後期、当時の庶民から熱烈に愛された浮世絵師「渓斎英泉」。その作「雲龍打掛の花魁」です。龍香堂と親交の有る版画研究室から買い取りました。英泉の艶やかな美人画を手摺木版で忠実に復刻した作品です。yo.ys.r ◎こちらは額に入れた状態なので、すぐに飾ることが出来ます。※画像5中央は使用した版木と、右は作品の裏面です。版画用染料が裏写りしているのは、印刷ではないことの証しです。●渓斎英泉(けいさいえいせん):1791年(寛政3年)江戸市中の生まれ。江戸後期の浮世絵師。幼時は狩野白珪斎に学び、やがて菊川英山の門人となる。葛飾北斎とも交流しその画法を学びつつ絵筆を執った。妖艶で儚げ、だがどこか退廃的な美人画を得意とし、多数の浮世絵、草双紙の挿絵、艶本(好色本)、春画を世に送り出した。「南総里見八犬伝」の挿絵、歌川広重とは「木曽街道六十九次」を共作するなど絵師として多岐にわたる分野を手掛け、晩年は文筆業に専念し『続浮世絵類考』など幾種かの著述を残した。『雲龍打掛の花魁(うんりゅううちかけのおいらん)』日本の浮世絵に傾倒していたフィンセント·ファン·ゴッホ(1853-90)は、1886年5月刊行の「パリ·イリュストレ」日本特集号表紙に掲載されていたこの姿を見て、翌年1887年に油彩画『日本趣味:花魁(おいらん)』(画像5左)を描いた。ゴッホと浮世絵との関わりは深く、1887年『タンギー爺さん』の背景にも当花魁を配し(画像6右下)自身の絵として昇華させた。浮世絵を目にしたゴッホは、新たな色彩表現に目覚め、模写をしながら彼なりの「日本」的イメージを紡ぎつつ新しい様式と構成を模索したと言われている。
注意事項☆御取引がスムーズに出来ますよう、御落札後は必ずヤフーから自動配信されます「落札通知」を御確認下さい。最初の御連絡はそちらに代えさせて頂きます。☆当方のお取り置き期間は原則として「3日以内」とさせて頂いております。3日以内の合算·同梱は可能ですが、それ以上のお取り置きは別発送になります。
発送詳細■当商品の通常発送は日本郵便株式会社の「ゆうパック(120cmサイズ)」とさせて頂きます。(送料は発送先により変わります)
支払方法
こちらの商品案内は 「」 で作成されました。

【全商品オープニング価格 特別価格】 ▲▽■龍香堂■ 復刻木版浮世絵 渓斎英泉『雲龍打掛の花魁』額装済△▼ その他

メルカリ安心への取り組み

お金は事務局に支払われ、評価後に振り込まれます

出品者

【全商品オープニング価格 特別価格】 ▲▽■龍香堂■ 復刻木版浮世絵 渓斎英泉『雲龍打掛の花魁』額装済△▼ その他 【全商品オープニング価格 特別価格】 ▲▽■龍香堂■ 復刻木版浮世絵 渓斎英泉『雲龍打掛の花魁』額装済△▼ その他

この商品を見ている人におすすめ

ホーム【全商品オープニング価格 特別価格】 ▲▽■龍香堂■ 復刻木版浮世絵 渓斎英泉『雲龍打掛の花魁』額装済△▼ その他